白内障手術 クララスティル

白内障の手術は失敗する可能性があります!

 

白内障の手術は技術の進化で100%近い成功率になっていると言われています。

 

しかし、意外かもしれませんが、白内障手術に失敗したという患者さんは少なくありません。

 

医師が考える手術の成功と、患者さんの期待する成功とはまた違うからです。

 

白内障手術手術をすれば、それ以前よりよく見えるようになる、と患者さんは期待します。

 

医師のやることは、白く濁った水晶体を除去して、人工のレンズを埋め込むことです。
その後は、感染症などにならないように、目薬などで対処します。

 

それで、問題なければ手術は成功です。

 

しかし、目というのは繊細な器官で、ちょっとしたズレが見え方に大きく影響をあたえることがあります。

 

手術自体は成功したように見えても、実際は見え方が変わったり、例えば近視になったりすることもあります。

 

手術後、患者さんがそれを訴えても、医師が自分の過ちを認めることはほぼありません。

 

手術は成功しました、それで突っぱねられるはずです。

 

結局、別の病院で再手術を受ける患者さんもいます。

 

もちろん、割合としては小さいかもしれませんが、かと言って白内障手術は100%近い成功率であるとは言えないと思います。

 

犬の白内障手術は人間より難しい

白内障は人間で毛でなく、犬やキツネやウサギなども発症します。

 

特に、犬は白内障を発症しやすく、老犬のほとんどは程度の差はあれ白内障になっていると言われています。

 

犬は人間と違い、嗅覚や聴覚も鋭く、知覚における視覚の割合は小さいと言われています。

 

要は、多少目が悪くなっても、それほど大きく生活に支障はでません。

 

なので、白内障になっても放置している飼い主さんは多いです。

 

いざ、手術しようとなると、人間よりも大変です。

 

まず、人間たと日帰り手術が主流になっていますが、犬の場合数日間入院する必要があります。
手術自体も難しくなると言われています。

 

当然、手術費用も高額になり、片目で30万円程度になります。
ペット保険にでも加入していればいいですが、そうでなけkれば大きな出費になります。

 

ということで、犬の白内障にはそれほどメジャーではありません。

 

目薬が進化しています!

白内障の治療としては、これまでは手術しかありませんでした。

 

しかし、最近になってクララスティルという目薬が白内障の改善に効果があると話題を呼んでいます。

 

白内障は眼球の水晶体が酸化して濁ってしまう病気です。
クララスティルはこの酸化してしまった水晶体を復元する力があります。

 

日本では認可されていませんが、欧米では使用している人も多く、白内障が改善したという人は少なくありません。

 

これは人間だけでなく、犬にも効果があります。
先も書きましたが、犬の白内障手術は色んな意味で飼い主に負担が大きいので、せめて目薬だけでも、とクララスティルを購入する飼い主さんは多いです。

 

クララスティルは日本では認可されていないので、個人輸入という形で海外から取り寄せるのが一般的です。

 

ヨーロッパだと1000円ちょっとぐらいの値段のようですが、日本だと高い業者で6000円ぐらいの価格で販売しているところもあります。

 

最安値はオランダ屋などで3千円以内で購入できます。
クララスティルは数ヶ月間使用することになるので、なるべく安いところで購入しないと、後々ダメージが大きくなるので、ボッタクリ価格のお店で買うのはやめましよう。

 

リンク集
クララスティル 最安値